ザ.お部屋探しの必勝マニュアル 希望条件をまとめよう
お部屋探しの手順の概略
入居時と更新時の費用
費用の詳細
費用の一覧表
希望条件を纏める
室内をチェック
契約のチェック事項
契約時の必要書類等
引越し
生活中の注意事項
退去時の注意事項
賃貸マニュアル

まず、新しい部屋を探す理由を箇条書きに書いてみましょう。

・親元から離れて生活をしたい
・仕事で赴任する
・今借りている部屋の間取りが嫌い

色々あると思いますが、この理由がハッキリすれば、
次に探すお部屋の希望条件の順位が付けやすいでしょう。

では 条件を絞り、譲れない条件を選んで、優先順位をつけましょう。
貴方はどれが1番?
・間取り
・収納
・何階の部屋が好み
・設備
・地域の好み
・日照
・セキュリティ等など

条件が決まったら、情報誌等で調べてみましょう。
情報誌等で見てみたい物件があったら、懇意にしている不動産業者に内覧を依頼してみては、いかが?
管理会社の中には、自分のところ以外の不動産業者の客付け(注1)を嫌って、広告を出している会社しか内覧できないお部屋もありますが、多くは不動産業者間で流通しているので、安心できる不動産会社に依頼してみましょう。


おとり広告に注意
実際に物件はあるのですが、すでに満室で空きがないのに、お客様をお店に誘引することを目的にした広告。
たとえば、 広告を見て電話をすると「まだ空いています。早く来ないと無くなりますよ。」と言われたので、直ぐにその会社に言ってみると、「ついさっき成約した」と言われて、他の物件を契約するように強引に契約を迫られることになります。
賃貸物件を探すときには十分注意してください。

人にはそれぞれのライフスタイルがありますので、一概に言えませんが、一般的には、家賃は収入(月収)の1/3以下が目安と言われています。

新築のお部屋は、真新しいので気持ちが良いのは事実です。
しかし、お部屋は住む人のセンスによって変わります。
どんなライフスタイルを創り出すかは、貴方しだい!


見たいお部屋が見つかったら、次は実際にお部屋を見てみましょう。 ・ 次へ

 

   

 

COPYRIGHT(C)2001-2002 福岡不動産情報ドットコム・SOUGOJISYO Co.,Ltd All RIGHT RESERVED