元寇防塁巡り

地行地区の元寇防塁
文永11年(1274)の10月に大軍をもって対馬・壱岐を襲った後、博多湾岸に上陸し、日本軍と激しい戦闘を繰り広げ、この時、博多の町は焦土と化しました(文永の役)。元寇防塁とは、鎌倉幕府が元の再来襲に備え、建治2年(1276)に九州各地の御家人に命じて、約半年間で博多湾岸の東区香椎から西区今津までの約20qに築かせた石築地のことです。
この地行地区の元寇防塁は、博多湾岸のほぼ中央部に位置しますが、その構造や築造分担国などまだわかっていません。なお、弘安4年(1281)に元の大軍は、再び日本を攻めましたが、この防塁のために上陸出来ませんでした(弘安の役)。昭和6年(1931)3月に国史跡に指定されています。案内板より
福岡市中央区地行元寇防塁跡


元寇防塁巡りへ   福岡北西部観光マップへ 次の画像 >>

gengigyo2.jpg

元寇防塁巡りへ   福岡北西部観光マップへ 次の画像 >>
地行の元寇防塁

出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!

【JTB】九州のおすすめ旅館・ホテル

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

OZの温泉予約「8800円のプレミアム温泉ステイ」

□温ぱら□ ネット限定!お得なプラン!通常よりお得なプランをご用意!

手ごろな日本の旅 ふらり 九州おすすめツアー [JALTOURS]

航空券+宿泊 自由自在の組み立て旅行 ANA楽パック

「スカイマーク」の予約はコチラ

当日の出発も安い。国内格安航空券 運賃比較&時刻表