午砲場跡




須崎の福岡藩台場から、西公園山腹に移り、正午の時報(発砲)を行っていたそうですが、周辺の住民から「障子が破れたり、棚から物が落ちる」等の抗議が相次いだそうです。その後波止場に移り、昭和6年まで正午の時報(発砲)が続けられたそうです。

福岡市中央区港3-3
gohoba00_thumb.jpg
午砲場跡の石碑


gohoba01_thumb.jpg
福岡船溜、港3丁目に在る住吉神社


gohoba05_thumb.jpg
建造中の船


gohoba06_thumb.jpg
福岡市中央卸売市場






福岡北西部観光マップへ