一里塚




『一里塚』
江戸時代には、江戸(東京)の日本橋を起点として、東海道に道路の距離標識である一里塚(里程標)が制定された。わが福岡藩でも福岡城上の橋御門を起点とし、西の前原道は藤崎に、東の箱崎道は桝形門の西中島橋を起点とし、箱崎宮前、南の太宰府道は板付橋に一里塚が制定された。(一里塚の由来案内板より)
昭和61年に再建。藤崎バスターミナルの斜め向かいに在ります。
福岡市早良区藤崎1-24-1

ichiri1_thumb.jpg
一里塚


ichiri3_thumb.jpg
福田眼科病院の前にあります






福岡北西部観光マップへ