菅原道真・腰掛石




菅公腰掛石
菅原道真は昌泰4年(901)に右大臣の職を解かれて、大宰府に左遷され、博多に上陸した菅原道真は現在の室見〜重留〜板屋を経て、大宰府へ向かったと伝えれれています。
その道中菅原道真が休息をとるために座ったといわれる石が『腰掛石』
福岡市早良区企画課発行の『早良区よかとこ』より
その石が福岡市早良区室見にある『少童神社』の境内の裏に祭ってあります。
少童神社→どうも、『わたつみじんじゃ』と読むらしい。知らなかった・・・
福岡市早良区室見4-3

watatumi01_thumb.jpg
菅公腰掛石


watatumi02_thumb.jpg
石塔?


watatumi03_thumb.jpg
少童神社


watatumi04_thumb.jpg
少童神社拝殿内部






福岡北西部観光マップへ