西学問所跡(甘棠館)




西学問所跡(甘棠館:かんとうかん)
福岡藩が1784年(天明4年)、藩の師弟教育のため設けた藩校西学問所の跡。
儒学者の亀井南冥が館主となり、自由な学風で人気を呼び南冥をしたう子弟で活気に溢れていましたが、1798年(寛政10年)火災で焼失したことや、幕府の学問統制もあって廃校になりました。案内板正面の一画が学校跡地になるそうです。(西学問所跡案内看板より)
福岡市中央区唐人町3-2

nisigaku01_thumb.jpg
西学問所跡(甘棠館)


nisigaku02_thumb.jpg
西学問所跡案内板


nisigaku04_thumb.jpg
東隣にある八橋神社


nisigaku08_thumb.jpg
ちょうどこの辺りが西学問所跡(甘棠館)跡でしょうか






福岡北西部観光マップへ