浄満寺山門




この山門は、一間一戸、切妻造、本瓦葺の四脚門です。門を構成する柱はいずれも切り石の上に建ち、柱の上は三斗組、軒は二軒で、以上の門構えの中に板唐戸の扉を設けています。18世紀に入って修復の手が加えられたものと考えられますが、現在も各所に建造当時の古形を留めています。全体として近世がとれたこの山門は、江戸時代初期の姿をとどめた建造物です。
福岡市重要文化財
境内には、亀井南冥、亀井昭陽ら、その一族のお墓が在ります。
福岡市中央区地行2-3-3

浄満寺山門
浄満寺山門


jyouman04_thumb.jpg
jyouman07_thumb.jpg
軒下


jyouman11_thumb.jpg
境内の亀井南冥・昭陽の碑






福岡北西部観光マップへ