千眼寺




黄檗宗 大悲山 千眼寺
随所に中国風の形式(朱門や白壁、赤い縁取りの円窓、卍字くづしの欄干、蛇腹の天井、中国渡来の仏像などの外、寺宝として鉄眼版の大般若経六百巻、隠元禅師はじめ祖師方の書、中国画家による羅漢図など)が、残されています。 一般の方の座禅研修や煎茶の道場としても門戸を開いております。千眼寺HPより
昔は普茶料理も出されていて、私も一度食べに行った記憶がありますが、今はやっておられないみたいです。
福岡市早良区百道1-3-6
sengan02__thumb.jpg
千眼寺参道


sengan05__thumb.jpg
欄干より参道を見る


sengan08__thumb.jpg
梅の花と窟門(くつもん)


sengan10__thumb.jpg
達磨像、釈迦如来像、関帝像






福岡北西部観光マップへ