物件調査 その仕事
不動産調査の概略
地図を見る
現地に行く
建物の内部を見る
近隣を歩く
法務局に行く
役場に行く
生活関連施設を調べる


不動産の法務局での調査

.公図・地積図及び建物図面の取得
 土地は1筆か?変な地番が付いたところがないか?を確認します。
もし現地と違うようであれば、再度現地に赴き公図等と照らし合わせながら、再度調査をします。
登記簿謄本の取得及び抵当権やその他の権利内容の確認
 土地と建物を取りますので、¥2.000.(各¥1.000.)もするんですよ、高いと思いませんか?
 当社では、対象不動産だけではなく、対象不動産に隣接して地番のある所を全て取得しますので大変です。
お上だからといって少しやりすぎではないかと、いつも思います。
 所有権にかかる権利に関する事項(甲区)で、所有権者や持分の確認をします。
 所有権以外の権利に関する事項(乙区)で、残債等の確認をします。
 このとき、残債が売却予定金額内であれば問題はありませんが、
 オーバーしていれば金融機関との話し合いになります。

次は、法規制等の調査を行います。 ・ 次へ


 

   

 
COPYRIGHT(C)2001-2002 福岡不動産情報ドットコム・SOUGOJISYO Co.,Ltd All RIGHT RESERVED