物件調査 その仕事
不動産調査の概略
地図を見る
現地に行く
建物の内部を見る
近隣を歩く
法務局に行く
役場に行く
生活関連施設を調べる


建物内部の確認と調査

天井に雨漏り等のシミやシロアリの形跡は無いか?
壁の四隅にクラックは無いか?
床のきしみ、建具の開閉具合。
水回り、水が流せるところは、実際に水を流して、水漏れが無いかを調べます。
給湯器やエアコン等の 付帯設備の製造年月日の確認。
こまめに手入れをされている建物は、築年数を感じさせません。
日頃からのメンテナンスが大事ですね。

建物に不安がある場合は、プロの建物調査(リスペクト)をお薦めいたします。

街並みを歩いて、肌で感じてみましょう。 ・ 次へ



 

   

 
COPYRIGHT(C)2001-2002 福岡不動産情報ドットコム・SOUGOJISYO Co.,Ltd All RIGHT RESERVED