狭小住宅・土地の見つけ方・建ぺい率
家ば建てるじぇ!
用途地域
建ペイ率
容積率
道路
究極の結論


小さな土地に十分な広さを持った家を建てるためには、
土地の広さが決まっているので、当然ながら上へ伸ばすしかありません。
そこで問題になるのが建ぺい率と容積率です。
これらはいずれも敷地面積に対する割合が決められたものなので、
大きいほうが、大きな家を建てられるということになります.

前ページの用途地域には、それぞれに建ぺい率と容積率が定められています。
それぞれの用途地域内で定められた規制を無視して、自分の希望する家を建てることは出来ません。
もし、無視して建てた場合は、建築基準法違反で取り壊し命令を受けることもあり得ます。

建ぺい率とは、
建築面積(建物の水平投影面積)の敷地面積に対する割合(建築面積/敷地面積)


次は、容積率についての説明です。

 こだわりの不動産探しリクエストフォームはコチラへ!



 

       

 
COPYRIGHT(C)2001-2002 福岡不動産情報ドットコム・SOUGOJISYO Co.,Ltd All RIGHT RESERVED