狭小住宅・土地の見つけ方・用途地域
家ば建てるじぇ!
用途地域
建ペイ率
容積率
道路
究極の結論


都市には、より良い街を作るために色々な規制が定められています。
その中の一つに用途地域があります。

用途地域の種類と特徴
第一種低層住居専用地域 低層住宅のための地域
第二種低層住居専用地域 主に低層住宅のための地域
第一種中高層住居専用地域 中高層住宅のための地域
第二種中高層住居専用地域 主に中高層住宅のための地域
第一種住居地域 住居の環境を守るための地域
第二種住居地域 主に住居の環境を守るための地域
準住居地域 道路の遠藤において自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を保護するための地域
近隣商業地域 周りの住民が日用品の買い物などをするための地域
商業地域 銀行・映画館・飲食店・デパートなどが集まる地域
準工業地域 主に軽工業の工場やサービス施設などが立地する地域
工業地域 どんな工場でも建てられる地域
工業専用地域 工場のための地域

用途地域には、種類ごとに建ててよいもの、建てられないものが決められています。
住宅は、工業専用地域以外の殆どの地域で建てることが出来ますが 、
地域によって、自分の望む住環境が得られるかどうかが変わってきます。
また、商業地域だからと言って、一概にビルばかり建っている地域とは限りません。
同じ商業地域でも、端の方であれば良好な住宅が建ち並んでいたりもしますので、
現地確認は、やはり大事ですね。

次は、建ぺい率についての説明です。

 こだわりの不動産探しリクエストフォームはコチラへ!



 

       

 
COPYRIGHT(C)2001-2002 福岡不動産情報ドットコム・SOUGOJISYO Co.,Ltd All RIGHT RESERVED